| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四試局地戦闘機改 試製雷電

11.png
少し前のアプデで実装された雷電の底ランク機体。
零戦ばっか乗ってるとそれ以外の機体って乗りにくいなぁと思うけど、ま、これはこれでいいかんじ。

wiki
十四試局地戦闘機改/試製雷電(J2M2)
水メタノール噴射装置と燃料噴射装置を追加した火星二三型甲に換装、排気管を集合式から推力式単排気管に変更し、20 mm 機銃を銃身の長い九九式二号銃三型に換装した型。主翼上下面に大型のドラム弾倉を覆うための涙滴型の突出部がある。
スポンサーサイト

| WarThunder | 09:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スーパーマリン スピットファイア

11

英国機始めて数日、やっとスピットファイア解禁。
7.7mmだけど機銃8門積んでます。

スーパーマリン スピットファイア (Supermarine Spitfire) は、イギリスで開発されたスーパーマリン製単発レシプロ単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。バトル・オブ・ブリテンの際、イギリスをドイツ空軍の手より救った救国戦闘機として有名である。
楕円形の特徴的な主翼を持ち、翼断面は高速を発揮するために薄かった。主任設計技師であるR.J.ミッチェル(1937年死去)とジョセフ・スミスを始めとする彼の後継者たちによって設計されたスピットファイアは、パイロットたちからの支持は厚く、第二次世界大戦のさまざまな状況で活躍した。基本設計が優秀であったことと、戦況に応じたエンジンの出力向上(しかも排気量はグリフォン・エンジンまで変化していない)によって長期間にわたり活躍し、23,000機あまりが生産され、1950年代まで使用された。

| WarThunder | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

20mmの隼

1

20mm*2門の機関銃を積んだ一式戦闘機。
零戦より弾数多いし旋回性能ハンパないし、おもしろい機体。
なんだかんだでやっぱ日本機がいいなぁ。
装甲は紙だけど、操作性軽いしエンジン音とかもいいしね。

| WarThunder | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

零戦二二型甲

1

二二型甲は20mm機銃を九九式二号三型に換装した型で、1943年の春頃から五二型の生産が始まる1943年8月まで生産された。以後に開発された型式の零戦には九九式二号銃が搭載されている。なお二二型及び二二型甲は、三二型では翼端短縮で対応していた横転時の操舵力軽減を下川事件の影響で二一型初期型以降廃止されていた補助翼バランスタブを復活させることによって対応している。

| WarThunder | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

零式艦上戦闘機二二型

1

二二型は航続距離短縮という三二型の欠点を補うために急遽開発・生産された型で、1942年末から三菱のみで生産された。エンジンや胴体部分の基本設計は三二型と同一だが、翼内燃料タンク容量の増量による重量増加に対応するため、主翼を二一型と同じ翼幅に戻し、翼端折り畳み機構も復活した結果、急降下制限速度は低下している。中盤以降のソロモン諸島の戦いに投入されたが、その頃にはソロモン諸島に前進基地が設置されており、折角回復した航続距離も意義が薄れていた。武装強化型の二二型甲を含めた生産機数は560機だった。

| WarThunder | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォッケウルフ

1

ドイツ空軍の名機フォッケウルフ

零戦21型と性能比較
スピード
fw:676km 零戦:537km
旋回
fw:19.5秒 零戦:16.3秒
火力
fw:7.7mm*4 20mm*2 零戦:7.7mm*2 20mm*2

旋回以外はfwの方がspecが高い。


フォッケウルフFw 190は、第二次世界大戦時のドイツ空軍の戦闘機である。この機体はメッサーシュミットBf 109とともにドイツ航空戦力の主力を担った。愛称は「ヴュルガー」(百舌(鳥))。設計はクルト・タンクによる。
本機は強力な空冷エンジンを搭載し優れた飛行性能を見せたほか、機体が頑丈で発展性に余裕があり、戦闘爆撃機型や対爆撃機型、高速偵察機型など様々な派生型が生産され、さながら「軍馬」のごとくよく過酷な戦場に耐えて大戦を戦い抜いた。1944年にはエンジンを液冷のJumo 213 Aに換装したFw 190 D-9型が登場した。
大戦末期に開発されたさらなる改良型は、設計者であるタンクの名称を取ってTa 152と命名された[* 1]。
シリーズの総生産数は20,000機以上。

| WarThunder | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡的な着陸

1
イタリアの複葉機で奇跡的な着陸を果たす。
これ、中の人は大丈夫じゃないだろw

2
そして奇跡的に6機も撃墜してた。
無双w

| WarThunder | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メッサーシュミット

1

ヒーローズインザスカイでの愛機。
初期型のためか20mmは積んでいない。
7.92mm✖️4の機銃である。
爆撃機を落とすのはきついぜ。

Bf 109(Bf 109)は、第二次世界大戦におけるナチスドイツ空軍の主力戦闘機。世界で初めて一撃離脱戦法を前提に開発されたとされ、機体重量に比し小さく薄い主翼を持ち、モーターカノンや主脚のエンジンマウントなど、特徴のある設計となっている。

単葉、全金属・応力外皮式、モノコック構造、密閉式の風防、引込脚などの第二次世界大戦で標準形態となったものを世界に先駆けて備えたドイツ空軍の単座戦闘機。He 112との激しい競争試作の末に採用された。スペイン内戦のコンドル部隊に3機が試験的に投入されてデビュー、以後、改良を重ねて第二次世界大戦終了まで実質的な主力戦闘機の座を保った。
スピードを第一にし、急横転(スナップ・ロール)、スピン性能、ダイブ性能に優れる。一撃離脱の戦法に特化して開発された。反面、開発時は陸戦の直援機としての性格が強かったため航続力は短い。バトル・オブ・ブリテンでは、スピード重視だったこともありスピットファイアに追い散らされ、爆撃機を狙うハリケーンにも機動力で劣っていたために護衛戦闘機の任務は果たせなかった[4]。総生産機数は工場での修理再生分を含めて約30,500機で、戦闘機史上最多である[5]。
回数は少なかったが、アメリカ海軍やイギリス海軍のグラマンF4F ワイルドキャットやF6F ヘルキャット、さらに地中海でP-39と戦った。

| WarThunder | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

He 51

1.png

ドイツ機始めました。
デザインがいいね。

He 51は戦間期におけるドイツ空軍(ルフトヴァッフェ)の複葉単座戦闘機である。ナチス・ドイツによる再軍備後の新生ドイツ空軍の最初の主力戦闘機となった。

第一次世界大戦に敗れたドイツ軍は航空機の保有を禁じられていた。このためハインケル社はスポーツ機の名目で戦闘機の開発/試作をしてきた。ハインケル社はHD37、HD38、HD43に続き、1932年にはすぐれた性能を持つ複葉戦闘機He 49aを開発した。空軍再建をすすめるドイツ航空省はHe 49aに注目し、改良を加えたHe 51の試験開発が進められた。He 51は、すでに生産配備されていたAr 65に代る主力機として期待された。
1933年、航空省は宣伝機の名目でHe 51Aを発注。1935年3月1日、ドイツが再軍備宣言をするとHe 51Aは新生ドイツ空軍の主力戦闘機として大いに宣伝された。

| WarThunder | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

F2A

2

なんとなく米国の戦闘機を乗り始めてみた。
なんとなくフォルムがマグロっぽい。
で、同ランクの日本機にくらべ旋回性能がひどい。
格闘戦になろうもんなら、すぐに失速して墜落しそうになる。
けど直線は速い。一撃離脱でokpk

ブルースター F2A(Brewster F2A)はアメリカ海軍の艦上戦闘機。開発はブルースター社が担当した。イギリス空軍での愛称はバッファロー(Buffalo)。

アメリカ海軍の艦上戦闘機の近代化のための1936年の要求は単葉機であること、折りたたみ翼、引き込み脚、密閉式コクピットをもつことであった。ブルースターもグラマン社、セバスキーとともに競争試作に参加した。なお、このときグラマン社が提出したものは、後に改良されF4F ワイルドキャットとなっている。

| WarThunder | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。